表 装 科
ここでは襖や障子の張り替え、屏風なども作っています。
今回は掛軸の作成をしているところを簡単にご紹介します。
1.裏打
 預かっている商品を霧吹きで湿らせ作品・裂地を裏打ちしてシワやたるみを無くし美しく引立たせま
す。
2.生地裁断
 裏打を行った表装裂地を裁断し、本紙の化粧断ちをします。
3.付回し
 本紙に表装裂地を接合し掛軸の形態に表装します。
4.総裏打
裏面を仕上げする最後の裏打ち
5.風帯作成
 表木に縫い付けて下に垂らす二本の細長い帯状の裂(紙)で、上の丈の長さを合わせます。
 また、上から垂らさず貼り付けたものを押風帯と呼びます。
6.仕上げ
 軸の天地(上下)に半月と軸棒を付けて完成です。
こうして下のような軸が仕上がります↓
商品紹介へ 戻る